ふるさと銀河線りくべつ鉄道とは

平成18(2006)年4月21日に廃止された、北海道ちほく高原鉄道(株)ふるさと銀河線(池田ー北見間140.0km)で使用されていた気動車10両のうち6両と、国鉄時代から使用されていた保線車両や機械、陸別駅構内および陸別~川上間に残る線路や鉄道施設などを陸別町が取得し、鉄道の歴史と記憶を後世に伝え続けてゆくことを目的に、乗車体験・運転体験ができる体験型観光施設として、平成20年(2008)年4月20日に開業いたしました。

(詳しくは鉄路の歴史を参照)

「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」(以下、りくべつ鉄道)は、鉄道事業法ならびに鉄道営業法に基づく輸送機関ではありません。陸別町が所有する鉄道記念公園において、鉄道車両および鉄道施設などを保存・展示公開し、乗車体験・運転体験を中心とした営業を行う観光鉄道として運営しています。

りくべつ鉄道の運営は、陸別町から発注を受けた陸別町商工会が事業主体となり、車両の運行ならびに営業窓口・施設の保守管理などについては「株式会社りくべつ」に委託し、毎年4月下旬から10月下旬まで営業しております。

りくべつ鉄道における営業の柱である乗車体験および運転体験については、旧・北海道ちほく高原鉄道(株)ふるさと銀河線のOB運転士を中心に、他社OB運転士、自社養成のボランティア運転士が担当しています。また、軌道を含む鉄道施設については、地元国鉄OBの指導の下、ボランティア団体が中心となって点検・管理を行っています。