***鉄路の歴史***

網走本線~池北線~ふるさと銀河線の歴史
 

この鉄道は、道央から網走を結ぶ網走管内最初の幹線鉄道「網走線」として、明治40年(1907)3月に釧路線(現:根室本線)の池田駅から建設工事が開始され、明治43年(1910)9月22日には池田~淕別(現:陸別)間が開業する。翌年の明治44年(1911)9月25日には野付牛(現:北見)まで開通した。

 

そして、大正元年(1912)10月5日には網走(旧浜網走=廃止)まで開通し、路線名も「網走本線」と改称された。その後、昭和4年(1929)には札鶴駅(現:札弦駅・釧網本線)まで延伸されている。

 

当時の網走本線は、函館や札幌から網走地方へ行くためには唯一のルートであり、また開拓期の十勝北部ならびにオホーツク沿線地域の発展と産業の振興に果たした役割は多大なものがあった。特に、現在オホーツク管内最大の都市である北見は、網走本線開通後は開拓の拠点として急速に発展した。

 

しかし、大正10年(1921)に名寄本線が全線開通、昭和7年(1932)には石北線が全通すると、道央からのメインルートはそちらへ移り、網走線は次第に幹線としての役割を失っていった。

 

その後、昭和36年(1961)には、国鉄における全国的な線路名称の整理が行われ、網走本線のうち池田~北見間は「池北線」と改称される。また、北見~網走間は石北線(新旭川~北見)に編入され「石北本線」と改称、これをもって網走本線は消滅し、池北線は十勝地方と北見地方を結ぶローカル線としての役目を担うこととなる。

 

昭和30年代までの鉄道輸送は、戦後の復興に始まる高度経済成長による物流の活性化と人口の増加が著しく、旅客・貨物輸送とも右肩上がりに増え続けた。しかし昭和40年代に入るとモータリゼーションの発達により自動車が普及、マイカー時代の到来と共に貨物輸送もトラック便へと転換が進み、国鉄の収支は次第に赤字へと転落してゆく。

 

さらに、昭和50年代を迎える頃には労使紛争による度重なるストライキの決行や、収支改善のための旅客運賃値上げなども相次ぎ、次第に客離れが進んだ。その当時の国鉄の債務額は20兆円を超えるまでに膨らんでおり、その状況を改善するべく国は昭和55年(1980)に国鉄再建法を施行する。これにより池北線も昭和59年(1984)には「第2次廃止対象路線」として指定されるが、池北線は路線長が100㎞を超える「長大4線」(天北線・名寄本線・池北線・標津線)の一つであり、冬期間のバス運行に不安があるとの理由から、廃止承認が一時保留となる。

 
廃止承認が保留との結果を受け、長大4線の沿線では安堵の空気と共に鉄路存続への期待感が広がった。しかし、それも束の間のことで、翌年の昭和60年(1985)には運輸省(当時)による冬季間における代替交通の再調査が実施される。その結果「バス転換は可能」との結果が出され、池北線は他の長大3線と共に「第2次廃止対象路線」として正式に承認された。

 
昭和62年(1987)4月1日、国鉄は全国6つの旅客鉄道会社と1貨物鉄道会社に分割・民営化された。池北線を含む長大4線はJR北海道の路線として2年間に限り暫定運行されることとなり、路線の存廃についてはその間に方向性を出すこととされた。

 

分割民営化から1年半が経過し、暫定運行の期限が残り半年に迫った昭和63年(1988)11月に自民党と社会党(当時)との政治折衝が行われ、長大4線の中では営業係数(100円の収入を上げるための経費)が最も低い池北線が全線存続、名寄本線のうち名寄~下川間と遠軽~紋別間の部分存続という、いわゆる「1.5線存続案」が提示されたが、地元での協議の結果、最終的に池北線のみ存続という結論となり、北海道と沿線自治体および地元企業などが出資する「第3セクター方式」での鉄道存続とすることが決まった。

 

JR池北線は平成元年(1989)6月3日をもって廃止となり、翌日の6月4日には北海道ちほく高原鉄道株式会社に路線が引き継がれ、線名も新たに「ふるさと銀河線」として再出発した。開業後に行ったダイヤ改正によりスピードアップと大増発で、開業翌年の平成2(1990)年には乗客数が100万人を超えた。しかし、その後の沿線人口減少に伴う乗客減や、国の低金利政策による経営安定基金の運用益減少など、社会情勢の変化により営業収支が悪化。その状況から平成15(2003)年には存廃問題が表面化し、鉄道会社の大株主である北海道と、会社の取締役も兼ねる沿線自治体との協議が始まったが、廃止~バス転換を提案する道側と、鉄道存続を主張する沿線自治体との協議は平行線を辿り難航を極めた。

 

また、沿線内外からも銀河線存続のための様々なアイデアが出され、集客と増収を目指してイベントなどが精力的に行なわれたが、その効果は限定的で収支改善への特効薬とはならず、もはや廃止への流れは止めようのない状況となっていた。

 

そして、約2年にわたる協議の結果、ふるさと銀河線は平成17(2005)年3月27日に開催された運行会社の取締役会において廃止が決定し、同年4月20日には北海道運輸局に対して廃止届が提出された。


廃止届の提出から一年後、運行最終日となった平成18年(2006)4月20日には、お別れ列車「さよなら・ふるさと銀河線号」が池田~北見間に運転され、平日にもかかわらず満員の乗客と沿線住民が銀河線との別れを惜しんだ。

 

ふるさと銀河線は平成18年4月21日付けで正式に廃止となり、明治43年(1910)の開業から95年にわたる鉄路の歴史に終止符を打った。

 **網走本線~池北線~ふるさと銀河線年表**

1910年(明治43年)9月22日

網走線の一部として池田~淕別(現:陸別)間 77.4 ㎞開業。
 [当時の開業駅=高島・勇足・本別・仙美里・足寄・上利別・陸別]

網走線開業当時の池田停車場(1910年)

開業当時の陸別市街の様子(1910年)

1911年(明治44年)9月25日

淕別(りくんべつ)~野付牛(現:北見)間 62.6 ㎞開業。

[当時の開業駅=小利別・置戸・訓子府・上常呂・野付牛(現:北見)]

開業当時の野付牛(現:北見)停車場(1911年)

開業当時の小利別駅(1911年)

小利別~置戸間(1911年)

1912年(大正元年)10月5日

野付牛~網走(のちの浜網走駅:現在廃止)間開業。網走線が全線開通。 

開業当時の網走停車場(1912年)

網走川河畔(1912年)

大曲トンネル・左側の人道は後の国道39号線(1912年)

1912年(大正元年)11月18日

線名改称、池田~網走間を「網走本線」とする。

 

1913年(大正2年)10月11日

上利別~陸別間に「大誉地駅」開業

 

1920年(大正9年)6月1日

陸別~小利別間に「川上駅」開業

開業当時の川上駅(1920年)

1922年(大正11年)8月1日

置戸~訓子府間に「境野駅」開業

 

1946年(昭和21年)9月10日

「愛冠」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1947年(昭和22年)2月11日

訓子府~上常呂間に「日ノ出駅」開業

 

1948年(昭和23年)

「北光社」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1950年(昭和25年)

「様舞」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1955年(昭和30年)

「豊住」「西富」「広郷」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1956年(昭和31年)

「西訓子府」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1957年(昭和32年)

「笹森」「穂波」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1958年(昭和33年)

「薫別」「分線」仮乗降場(のちに駅昇格)開業

 

1960年(昭和35年)5月1日

愛冠~上利別間に「西一線駅」開業

 

1961年(昭和36年)2月1日

「塩幌」仮乗降場(のちに駅昇格)が開業


昭和36年(1961)4月1日

路線分離統合、網走本線のうち、池田~北見間 140.0 ㎞を「池北線」とし、北見~網走間を「石北線」に編入。

 

 昭和37年(1962)10月1日

帯広~北見間に準急列車「池北」が運行開始。当初は帯広~陸別間1往復・帯広~北見間1往復。

 

昭和37年(1962)12月1日

勇足~本別間に「南本別駅」開業

 

昭和41年(1966)3月5日

準急列車制度改変により「池北」急行列車に昇格。

 

昭和46年(1971)7月1日

急行「池北」帯広~陸別間を廃止、帯広~北見間の1往復となる。

 

昭和55年(1980)10月1日

国鉄合理化で急行「池北」が廃止される。廃止時の停車駅:帯広・幕別(下りのみ)・池田・本別・足寄・陸別・小利別・置戸・訓子府・北見

 

昭和59年(1984)6月22日

国鉄再建法による「第2次廃止対象路線」に指定されるが、路線長が100㎞を超える「長大4線」(天北・名寄・池北・標津線)であることから、冬期間のバス運行に不安があるとの理由で承認が保留される。

 

昭和60年(1985)8月2日

運輸省(当時)が実施した、冬季間における代替交通の調査結果を受けて、第2次廃止対象路線に承認される。

 

昭和61年(1986)11月1日

国鉄最後のダイヤ改正が実施され、勇足・仙美里・大誉地・小利別・境野・日ノ出駅が無人化、交換設備が撤去される。

腕木信号機が撤去された勇足駅に入る上り列車(1986年)

昭和62年(1982)4月1日

国鉄分割民営化により、北海道旅客鉄道株式会社に路線が継承され「JR池北線」として2年間の暫定運行となる。貨物扱い営業廃止。

足寄~仙美里間を走る新得行き924D(1988年8月)

平成元年(1989)6月4日

6月3日をもってJR池北線が廃止となり、翌6月4日、第3セクター鉄道「北海道ちほく高原鉄道(株)ふるさと銀河線」として開業する。(営業区間は池田~北見140.0㎞)当初は車両の新製が間に合わず、JRからキハ22形気動車6両を借り受けての運行となった。

本別~仙美里間を走る「さよならJR池北線号」(1989年6月3日)

ふるさと銀河線開業記念列車・置戸駅(1989年6月4日)

ふるさと銀河線開業日の北見駅前(1989年6月4日)

平成元年(1989)8月6日

新製CR70形(75形)気動車11両の全車が揃い、第3セクター転換後初のダイヤ改正が実施される。置戸~北見間が大増発となり、北見~池田間には快速列車「銀河」1往復の運行開始。(当時の停車駅=池田~高島~本別~足寄~上利別~陸別~小利別~置戸~訓子府~上常呂~北見)

池田~様舞間を走る701D「快速銀河」(1989年8月)

高島駅を発車した北見行き701D「快速銀河」(1993年5月)

平成3年(1991)11月1日

JR根室本線の帯広~池田間に乗り入れ再開、JRとの相互乗り入れが開始。北見~帯広間および足寄~新得間に2.5往復の直通列車が設定される。(足寄始発の芽室行きはJRのキハ40)

CR70形を先頭にJR根室本線を走る帯広行き244D(1991年11月)

足寄~仙美里間を走る芽室行き722D(1992年3月)

地平時代の帯広駅に入る250D「快速銀河」(1992年8月)

平成7年(1995)9月4日

南本別~本別間に「岡女堂駅」が開業する。

 

平成7年(1995)12月20日

北見~置戸間がCTC(自動列車集中制御装置)化され

「上常呂駅」が無人駅となる。

 

平成8年(1996)11月20日

置戸~足寄間がCTC化される。

 

平成9年(1997)3月1日

CTC化に伴い「上利別駅」が無人駅となる。

 

平成9年(1997)11月1日

足寄~池田間がCTC化される。

 

平成10年(1998)3月31日

CTC化に伴い「高島駅」が無人駅となる。

 

平成13年(2001)8月

JR北海道からC11形蒸気機関車を借り受け、池田~北見間に「SL銀河号」が運行される。(池田~北見間を2日で1往復)

高島駅を発車する「SL銀河号」(2001年8月)

平成14年(2002)11月

銀河鉄道999の作者松本零士氏がデザインしたラッピング車両「999号」が登場。

999号登場時の乗車記念証

平成17年(2005)3月27日

北海道ちほく高原鉄道㈱取締役会にて、ふるさと銀河線の廃止が決定。

 

平成17年(2005)4月17日

廃止決定を受け、臨時株主総会が開催され廃止が正式に承認される。

 

平成17年(2005)4月21日

北海道運輸局に対し、ふるさと銀河線(池田~北見間140km)の廃止届を提出。

 

平成18年(2006)4月20日

陸別駅22:08着(北見着23:01着)の最終列車をもって、ふるさと銀河線の旅客営業が終了。明治43年の開業以来、95年の歴史に幕を下ろす。

本別駅に停車した「さよならふるさと銀河線号」(2006年4月20日)

雨の降りしきる陸別駅に到着する最終725D(2006年4月20日)

平成18年(2006)4月21日

ふるさと銀河線(池田~北見間140.0㎞)全線廃止。

***りくべつ鉄道開業からのあゆみ***

 

平成20年(2008)4月20日

陸別駅構内において観光鉄道「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」が開業。

「りくべつ鉄道」開業日の様子(2008年4月20日)

平成24年(2012)5月5日

陸別駅~下勲祢別駅間(1.9㎞)の本線上にて延伸営業開始。

(運転体験「銀河コース」)

陸別~下勲祢別(百恋)を走る気動車(2012年8月)

平成26年(2014)7月20日

下勲祢別~旧石井踏切(1.2㎞)にて延伸営業開始予定。

(但し、イベント時の乗車体験列車のみ)

百恋~石井間延伸記念列車(2014年7月)

平成27年(2015)9月22日

陸別駅~旧分線駅間(5.7㎞)において乗車体験列車「銀河号」を運転。平成18年のふるさと銀河線廃止から9年ぶりの旅客列車の運行となる。

陸別~分線間開業記念列車(2015年9月)